野菜種を育てるメリット

ベランダの家庭菜園
料理に必要な野菜があった場合には近くにあるスーパーなどに行けばすぐに見つけることができるので、野菜を家で育てなくても済みます。
しかし、店で売っている野菜種を購入して自分で育てることで様々なメリットもあります。

より安全な野菜が育つ

店で売られている野菜は物によって害虫などによる被害を対策するために農薬が使われることがありますが、あまり農薬の多い野菜を食べていると体に影響がでる心配があります。
家で野菜種を購入して育てる場合は自分達が食べるのに必要な分しか購入しないので世話をしなければいけない野菜の量が少なく、農薬を使わなくても普段から野菜を良く手入れをしていれば害虫がついたり、病気にならないようにしやすくできるので、収穫量も多くでき、より安全な野菜を食べることができます。
また、自分で野菜種を育てることで誰が育てたかわかるので、より安心して食べられたり、苦労して育てた野菜は見た目は悪くても店で購入するよりもおいしく感じるメリットがあります。

節約にもなる

安全のために農薬を使用しないようにすることで農薬の購入にかかる費用を抑えられますが、野菜種自体も費用があまり掛からないので多くの種類の野菜種を購入することもできます。
また、暑さや台風などが原因で野菜が高騰してしまうと、高いお金で購入するか買うのをあきらめる必要がありますが、家庭で育てれば高騰を気にせずに欲しい野菜が育てられるので家計にやさしいです。

もちろん野菜を育てるときには事前に土やプランターの購入をしたり、育て方が悪ければ収穫ができずに野菜種の購入に無駄なお金がかかってしまいますが、育て方を十分知っていれば多くの野菜を育てることができます。

安全で節約にもなる野菜が育てたくなったら、初心者にも育てられやすい種もたくさんあるので、探してみることが大切です。