家庭菜園ならではの、野菜種を選ぶ楽しみ

畑のマルチング
家庭菜園は、家計の為になってレジャーとしても楽しめる、とても素敵な趣味ですよね。
野菜作りを趣味にしている方にとって、野菜種を購入することは、そのシーズンの収穫を左右する重大イベントです。

種まき時期を逃さないように、早めに探し始めましょう。

種から育てる喜び

野菜は、苗を買ってきて育てることもできます。
けれども野菜種から育てれば、苗からの栽培には無いメリットがたくさんあります。
まず第一に、苗を買うよりも安価で済むことが挙げられます。

トマトやキュウリなど、比較的栽培が難しい野菜は、苗から育てるのも良いでしょう。

けれどもエダマメやシソのように、簡単に栽培できる野菜は種から育てた方が断然お得です。

また小さな野菜種を蒔いて、立派な野菜が収穫できれば、達成感が大きいことも魅力です。
野菜作りの上級者の中には、栽培が難しい野菜をあえて種から育てることに、チャレンジする人もいます。

珍しい野菜は、苗が見つからないことがよくありますが、種ならば珍しい品種でも探しやすいという利点もあります。

珍しい野菜を育ててみよう

野菜はスーパーなどで、たくさん売られています。
収穫の量や見た目では、やはりプロの農家さんには敵いませんよね。
だから家庭菜園では、量や見た目よりも、楽しさが大切です。
せっかく自分で野菜を育てるのなら、お店ではあまり売っていない品種を作ってみませんか。
たとえばキャベツならちょっと珍しい、葉が縮れたサボイキャベツや、
独特な色合いがチャーミングな、紫キャベツはどうでしょう。

これらのキャベツはスーパーでは高価ですが、野菜種で購入すればとてもリーズナブルです。

大根は、大きな品種を育てるには、広い畑を深く耕さなくてはなりません。

「それはちょっと無理」という方には、育てやすいはつか大根や、葉大根がお勧めです。

野菜種を購入しようとすると、品種が多すぎて探すのが大変ですが、ネット通販なら欲しい野菜種を検索できるので、簡単に見つけることができますよ。